トゥクトゥクのおっさんに気をつけろ!!

スリランカで生活をしていると避けては通れないのがトゥクトゥク!またの名をスリーウィーラー(三輪車)!彼らはとにかく目先の利益が優先なので外国人を見つけるとふっかけるのが仕事のように悪気なく騙してきます。そんな彼らと上手く付き合うためにも予め彼らの生態というかやり口をしっておいてもらいたいです。これを知っているだけで嫌な気分を避け、スリランカでの生活が楽しくなること間違いなしです。 多少私の愚痴っぽい内容になってますが、その通りなので弁明はしません。 料金 2017年現在の大体の料金をまず知っておいてください 昼間 1㌔ 50ルピー 夜間 1㌔ 57ルピー   メーターを押させろ! とりあえずトゥクトゥクに乗るときには「ミーター?」と聞きましょう。「メーター」って発音ではなく「ミーター」って発音の方が通じます。普通は押してくれます。ただこのメーターも改造されてる恐れがありますけどね またメーターを押させたら押させたで、わざと遠回りするやつもいます。指摘すると「お前がちゃんと道を言わなかったのが悪い」と責任転嫁です。 道を知らない。そして地図も読めない! トゥクトゥクのドライバーは毎日運転してるはずなのに、道の名前を知りません。そして有名な観光地名もしりません。しょうがないから携帯で地図を見せると、地図も読めません。はっきり言ってプロじゃないんです。 恐らくシンハラ語で言えば通じるのかもしれませんが英語だとイマイチです。ていうか英語も喋れない人も多いです。学がなくても高収入な仕事のためにトゥクトゥクを始める人が多いみたいですね〜。 ちなみにトゥクトゥクの月収は約5万ルピー。一般の仕事はたぶん3万から5万ルピーです。 そりゃみんなやりますよね。 乗る前に交渉を!! 田舎ではメーターがついてないので、必ず乗車前に交渉しましょう。そして田舎だと結構高いことが多いです。ゴールのバス停からJetwingまで3㌔とか4㌔くらいしかないのに400ルピーくらい請求してきます。通常の2倍!外国人価格です。 またたまに間違えて乗ってしまった時、あとからメーターを動かせって言うと「メーター壊れてんだよね」って言ってきます。こいつら性根腐ってます 笑 停車してのんびり客待ちのトゥクトゥクには乗るな! このおっちゃんたちはほぼ必ずふっかけてきます!ホテル前や有名観光地前に停まっています。そんな時は少し歩いて流しのトゥクトゥクを拾いましょう! 宝石屋とSPAに誘われる! まあこれは正直行きたい人は行けば良いと思うんですが、完全に行く気のない私は乗る度にイチイチ誘われるから鬱陶しいです。 特に夜の時間帯になるとやたらしつこく誘ってきます。彼らは外国人を連れて行くことによってバックマージンを受け取れるそうです。宝石店の場合、私が聞いた話ではガソリンチケット2リッター分でした。 陽気な日本語喋れるおっさんをシカトしよう! 道路を歩いていると並行して話しかけてくるおっさんが結構います。「こんにちは〜」から始まりますね。日本語だからって気を許してはいけません。むしろ日本語を話せるやつ程疑ってください。たいていは「こんにちは」という単語しか知らないんですが、なに人だ?どこから来た?どこに行くんだ?良いところがあるんだとやたらフレンドリーに話しかけてきます。こいつらに案内されたら最後!かなり高額を請求してきます。私はまだ体験したことないんですが、結構騙されてる人が多くいます。 請求額はだいたい3000ルピーから5000ルピーらしいです。私の知り合いはそんなフレンドリーなおっちゃんにそそのかされ、一緒にトゥクトゥクに乗り、勝手に案内され、最後に請求されて拒んだら、財布を奪われ逃げられたそうです。充分な注意が必要です。   まとめ そんなちょっとの金どうでも良いじゃん。寄付だと思っちゃえと言う人もいるかもしれませんが、なんか不当な気がして嫌なんですよね。 日本語が話せるスリランカ人の仲の良い方に「日本人にとって100円ってたいした額じゃないと思うんですけど100ルピーだと結構出し渋りますよね」って笑いながら言われたことがあるんですが確かにそうかも! チップ文化のない日本人だけがこんなこと思うのかなと思ったら、こっちに来ていたスイス人と話す機会があって、その人もやっぱりスリランカのトゥクトゥクには頭に来ているようでした。安心しました。 スリランカは観光業でこれから発展すると思ったんですが、観光の玄関口にいる彼らがこんな状況だとリピーターが減ってしまう恐れがあると思います。 前述したとおり、彼らはとにかく目先の利益優先。今お金が欲しいんです。 外国人を騙すことによって一時的なお金は得られますが、次からはトゥクトゥクを利用しなかったり、スリランカに来たくなくなったり、スリランカに来た人が母国に帰ってそんなことを伝えたりしたら観光客が減ってしまうということを全く考えていません。長い目でみればどちらが稼げるかをわかっていないんですね。 現に私は最近トゥクトゥクより明瞭会計なUberの方を好んで使っています。もしくはバスです。 トゥクトゥクは数も多く確かに便利ですが、安心して乗ってられないので私はあんまり好んで乗っていません。 Uberの登場により今後トゥクトゥクがどうなるのか楽しみです。 ...
2017年1月6日0 DownloadsDownload