海外で長く過ごすための心得

海外経験でいうと私は中途半端な方だと思います。

ニュージーランドに1年、台湾に5年、そして今はスリランカで新しいスタート!

今思い返すと、海外生活に憧れ、カッコよく語学を使いこなし生活している自分を妄想していた時代があったなと!でも恐らくこんな妄想をしているのは私だけではなく海外に住んでいる日本人が誰もが思い、海外生活に思いを馳せ、期待して来ているのがほとんどなんじゃないでしょうか?

まあこんなこと言うのは恥ずかしいんで聞いたことはないんで実際の所はわからないんですけどね。しかし、そんな期待はすぐに裏切られ、現実を見ると日本の方が遥かに住みやすく、先進的で洗練されていて、なんでも日本と比べてしまうのが海外在住者の常だと思います。

自分との理想と現実がかけ離れすぎてしまった場合そのほとんどの日本人が、現地の生活での愚痴をメインに日本人との会話を楽しみます。こんな人はまだマシなほうで、あまりにもヒドイ人だと外に出るのも嫌になり、家に引きこもって鬱のようになり日本気帰国してしまうのです。私はこの6年間の間にそういう人を何人もみてきました。

3658926635 284484e6d2 m

なんでもポジティブに!

前述した通り、海外生活で一番身近で起こるのは現地の愚痴!日本人同士が集まれば、もう愚痴の言い合い大会が開かれます。勿論私も言いますとも!言わないとやってられないときが多々あります。ストレスをみんなの共感によって吐き出すんですね!私はとても大事なことだとも思います。

しかし、突き詰めて行くとかなり無駄な時間なんですよね。私達日本人が机上の空論で、なんであーしないかな、こーしないかなと言っても変わるわけはなく無意味な時間。みんな分かっていってるんですよね。

だけど、その中にも本気になっちゃう人がいて、ちょっとのことでも日本と違うって感じてイライラしちゃう人がいるんですよね。その人はもう海外での生活には向いてない人です。ちょっとのことで腹を立てていては精神的に疲れちゃいます。そして疲れたくないからもう外出もしたくない!ってなっちゃうんです。

こんな風に精神を自分でコントロールできない人には向いてなくて、柔軟に物事を受け止められる人の方が向いています。

私の場合ですと、「なるほど、想定内!」と言い聞かせるようにしています。時間通りに来ないバスや、電車、人にいちいち苛ついててもしょうがないんで、日本にいる時に比べてかなり寛容になったと思います。

日本人代表

しかし、寛容のレベルを単に相手の国に合わすのもどうかと思います。現地にいる日本人にたまに現地化しちゃった人と会うことがあるんですが、そこは自分の芯を持っていたほうが良いと思ってます。例えば日本人相手だと時間をきっちり守り、現地人相手なら少し遅れても問題ないだろう!ってな考え方です。私は別にそこまで愛国者ってわけでもないんですが、一応海外にいる時の一番最初に聞かれるアイデンティティは日本人ということなので、日本のイメージはできるだけ良くしたいわけです。

日本人としての誇りや侍魂ってのは常に意識するようにしています。

現地人を尊重しろ!

欧米に住んでいる方たちはわかりませんが、アジア諸国や発展途上国に住んでいる日本人のかた達は少なからず、現地人を見下すような対応をとったことがあるんではないでしょうか?

これはやっている方は案外気づいてないかもしれませんが、間違いなく気分の悪いことです。以前西洋人にあからさまな差別を受けた経験があり、非常にむかつきました!お前はそんなに偉くねーだろと!

私の妻は台湾人なのですが、私もよく偉そうな態度をとっているようなので、実は言える立場ではないんですけどね。指摘された時は素直に相手の気持ちになって謝るようにしてます。

こっちが相手を尊重すれば必ず相手も尊重してくれるはずです。

まとめ

まだまだ海外経験未熟な私ですが、なるべく心がけるように努力しています。気を抜くと上記の問題が私も露呈してしまうんですがある程度自分の心の中の指針として大切にしています。海外在住者の皆様も綺麗事かと思うかもしれないですが一期一会を大事にすれば必ず海外生活をより良いものに変えられると思いますので試しにやってみてください。

 

 

KEI TAKAHASHIDirector

投稿者プロフィール

東京出身で元は某半導体商社に勤務
2014年より台南で唯一の言語交換カフェをオープン
2016年にカフェからゲストハウスへ切り替え。
TIL space言語交流空間と命名。
2016年11月よりスリランカへ活動拠点を移す
事業内容はグローバル人材紹介業の他に留学サポートや貿易も行ってます。
台湾の各種メディアにも紹介されております。
気軽にご連絡ください。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PODCAST配信中

ピックアップ記事

  1. スリランカと言えばアーユルベーダが有名!しかし、どこに行けば良いの?今回はそれをお教えいたしましょう…
  2. 今までは台南で言語交換カフェを運営していたのですが、いろいろ試行錯誤の末、飲食を切り、Airbnbを…
  3. この前、コロンボの街で会った日本人に「ブログ書いてる人ですよね?」って言われたのが嬉しかったですね。…
  4. スリランカにはオシャレなホテルがいっぱい! その中でも日本人に人気なのがジェフリー・バワのデザインホ…
  5. 私はこれまでに様々な国に行ってきましたが、ハワイへは初めてでした。というかハワイだけはハネムーンにと…
  6. スリランカでショッピングに行くなら「ODEL」って聞いて行ってみました。 周りが工事中で入り口がどこ…
  7. スリランカに来てからというもの、移動はUberかTUKTUK、夜はなんだか飲み会の毎日。 気がつけば…

ピックアップ記事

  1. 2017-3-9

    象の孤児院「ピンナワラ」

     スリランカといえば象!という印象ってあります? なんだかんだここスリランカには象がたくさんいます。…
  2. 2017-11-22

    コロンボでどうしても火鍋が食べたい人に「華香居中餐火鍋」

    前々から気になっていた店があります。 マリンドライブを通る度に一際目立つ中華料理店の派手な電飾…
  3. 2016-10-26

    ハワイはやはり楽園!!

    私はこれまでに様々な国に行ってきましたが、ハワイへは初めてでした。というかハワイだけはハネムーンにと…

ルーフトップバー

ページ上部へ戻る